New!どこでもeラーニング(学習管理システム)

スマホ・タブレット・PCからいつでもどこでも利用可能なeラーニング(学習管理システム)のご紹介。オープンソースソフトウェアだから多彩な機能を持ちながら安価に導入可能です。

学習管理システム(LMS:Learning Management System)とは

学習管理システム(LMS:Learning Management System)は、PC・スマホなどから学習することのできるeラーニングのシステムです。

システムの管理者や教師は受講者を登録したりeラーニング用の教材を作成して学習コースを登録することができます。受講者はパソコンやスマートフォン・タブレットなど様々なデバイスから学習管理システムにアクセスし、登録されたコースの学習教材を自分の都合のよい時・場所で学習することが出来ます。

受講者の学習履歴はシステムに記録されるので、システムの管理者は各受講者の学習進捗具合を把握し、より効果の高い教育を行うことができます。

弊社では学習管理システムとしてMoodle(ムードル)を提供いたします。Moodleは学習教材の作成・小テスト作成・掲示板・アンケート機能等非常に多彩な機能を持ちながらオープンソースソフトウェア(OSS)ですのでライセンス費がかからず安価に導入可能です。国内外の多くの大学等高等教育機関や企業で導入されています。弊社ではこのMoodleのシステム構築等をうけたまわります。



TOPに戻る

機能紹介

 >>コース画面

システムの管理者や講師、受講生はパソコンやスマートフォン・タブレットから一般的なWebブラウザで学習管理システムにログインすることができます。システムに登録されたユーザーごとにWebページがあり、設定された教材や資料を利用することができます。


TOPに戻る

>>資料(webページ)

>>資料(動画コンテンツ)

学習管理システム上で文章や画像、Youtube等の動画やWebサイトのリンクなどからなる学習教材を作成することができます。また様々なファイル形式の資料を添付することもできます。

TOPに戻る

>>小テスト画面

システム上で様々な形式の小テストを作成することができますので、講師は学習者がどの程度理解したかを把握することができます。


TOPに戻る

 

>>フォーラム(掲示板機能)

>>投票(アンケート・クリッカー機能)

>>ワークショップ(課題提出)

基本的な学習管理システムの機能に加え、フォーラム(掲示板機能)や投票(アンケート・クリッカーの機能)、ワークショップ(生徒が提出した課題を講師が設定したルーブリックに従って生徒たち自身で評価させる機能)など、アクティブラーニング(主体的な学び)を実践するのに役立つ機能が豊富にそろっています。


TOPに戻る